英語学習:単語学習Distinctionシリーズ

YouTubeでも人気のATSUさん執筆の単語帳 

実は細々と英語を勉強したり、使ったりしています。

今のところ仕事で英語を使うことがないので、とてもゆるい勉強なのですが、好きな英単語帳を紹介してみようと思います。今日ご紹介するのは、ATSUさんという、オーストラリアで公認会計士をしていた方が作った英単語帳:Distinctionシリーズです。

Atsueigoさんの公式オンラインストアのURLはこちらです↓

https://atsueigo.shop/


こんな人におすすめ

  • Nativeの使う英語表現を学びたい人
  • 試験対策に新しい英単語帳を使ってみたい人


Distinction2000       

まずはじめに、”Distinction2000(ATSU著/KADOKAWA)”です。

公式LINEアカウントやその他のSNSでもご紹介させていただいているのですが、このブログでは特徴をより詳しく載せておきたいと思います。


難易度:中級~TOEIC対策

難易度は「中級以上」となります。

英語が使えるようになりたい!と願って勉強を始めるとき、簡単なものから始めようと思う人も多いかと思いますが、Atsuさんの英語勉強の特徴は、

  • 膨大な勉強量(1日最低5時間~10時間)
  • 論理的に作戦を立てた勉強

です。そのため、「本当に英語勉強したいです!」という人には効き目が高いと思われます。逆に、「ちょっと難しすぎる…」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。特に、大人の学び直しで…という方で、英語に触れてこなかった方にはハードルが高いかもしれませんね。


TOEIC対策にもなると紹介されていましたが、内容はそこまでTOEIC単語に特化はしていません。むしろ、

  • 日常の中でこの単語をどう会話に落とし込むか?

という点をよく練ってくれている単語帳です。



ここが違う:登場する英文が容赦ない

チャプター1~40まで、移民に始まり人工知能に至るまで、アカデミックな分野分けがなされています。ニュースで登場するかのようなフォーマルな言い回しから、日常での何気ない会話での使い方まで、幅広い例文が採用されていますね。


人によってはとっつきにくい内容だと感じる人もいるかもしれませんが、英語圏で暮らすことを考えたら、乗り越えなくてはならない壁なのかもしれません。


英文の日本語訳もまた、「日本語だったらこういうニュアンス」という訳し方がされています。やたらと彼氏・彼女を気にする英文が多いのは文化なのか…?わかりませんが、面白い表現ばかりであることは確かです。



感想:読み物として好き

私が好きなところは、数字の読み方や、感情表現のまとめ、コラムなど、これはまとめて覚えておくと便利だなーというものを掲載してくれているところです。

何回でも振り返りたいなと思わせてくれます。使われている英文は、そのまま覚えたいものばかり。濃い内容にはなりますが、楽しませてくれますね。


また、おしゃれな表紙も魅力的。Atsuさんの考えている「かっこよさ」に憧れて海外就職・海外留学を目指す人も多いでしょう。



DistinctionⅠ/Ⅱ/Ⅲ     

こちらはDistinction2000とは異なり、日常で登場することがある慣用句・日本の学校ではほぼ登場しないようなNative表現を集めた本です。


ひかえめ・秘密なことをlow-keyって表現するとか、辞書にも登場しにくい表現を集めています。ググれば出るという時代ではありますが、シリーズとしてこれだけまとめてくださっているのはありがたい限りです。



難易度:中級者・上級者以上

文法・発音などの基本はある程度理解ができていて、Nativeっぽい表現を追求したい人におすすめですね。

英語Nativeの動画を見ているときなどに「本当にこの表現使ってる…!」と気づくと感動ものです。

日本語訳も英語もプラクティカルでナチュラル(実際に使うような)表現にこだわっているので、こちらも読み物としての楽しさがあります。



ここが違う:言い換え表現も充実

左のページにフレーズ・単語の紹介を載せ、右のページに語源や言い換え表現を書いてくれています。左のページで意味が全く想像できなくても、右のページの言い換え単語でよりわかりやすくなるでしょう。

英英辞典の感覚です。

日本人はどうしても英和辞典感覚があるので、英単語の持つコアイメージを無視した解釈をしがちだと思います。そこから脱却ためするにも、いい練習になる構成です。



感想:かっこよくしゃべりたい人に向く

「これ、実際に言えたらかっこいいよね。」という表現をどっさり集めてくれていると思います。シリーズがⅢまできてもうⅣも登場するとのことなので、さらにグレードアップしていることでしょう。


Atsuさんの体験をもとに、「英語がしゃべれたらこうなれる」「英語のかっこよさ」を表現し、憧れを持たせることにも目が向いているシリーズですね。努力を重ねてきたからこその自信が強く感じられます。そこに共感できる人はきっと好きになる単語帳でしょう。



まとめ          

  • 英語をかっこよく使いたい人におすすめ
  • 難易度は中級者以上
  • 使うときはぜひNativeに質問してみよう


今日は私が唯一持っている英単語帳をご紹介しました。

私の英語圏のお友達はみなさん日本に理解があるので、難しいことは言いません…私もあまり背伸びはせず、イージーな単語でちゃんと伝えることにフォーカスを置いています。でも確かに使っている場面には遭遇するので、それを理解できるだけでも感動します。

「これって会話で使われてたらどう?」と質問してみると、会話が広がって面白いかもしれませんね。ぜひ活用してみてください。

コメント

このブログの人気の投稿

あなたはあなたが使っている言葉でできている

新版 ハマトンの知的生活

英語学習:Kevin's English Roomさんの書籍