北欧こじらせ日記

 生き方を模索する正直なお話

フィンランドが大好きな筆者が書いたこちらの本。”北欧こじらせ日記(週末北欧部chika著/株式会社世界文化社)”では、自分が納得できる生き方をしようとするchikaさんの姿を見ることができます。

30代で、「仕事」というもの、「人生」というものがだんだんと形作られてきたとき、chikaさんはどんな決断をしたのか?覗いてみてください。


こんな人におすすめ

  • これからの人生について悩み始めた人
  • 自分の”好き”を仕事にしたい人
  • 北欧好きの人



概要         

文章の構成         

漫画風の仕上がりです。筆者であるchikaさんがどのようにフィンランドと出会い、移住を決めるに至ったのかがわかります。

合間にフィンランドを旅するにあたっての豆知識、フィンランドの人と接する中での発見も盛り込まれているので、フィンランド旅行を考えている人にとっても役に立つことでしょう。



迷いながらも進む強さ    

フィンランドがとにかく大好きだ。

その気持ち一つでお金を貯める。

チャットサイトで積極的に友だちをつくる。

思い切って旅立ち、ホームステイさせてもらう。

行動力がとにかく素晴らしいです。好きなことのために一生懸命になれるのは、ある種才能のようなもの。自由さ、正直さを羨ましく思う人もいるかもしれません。


決して気ままというわけでなく、”フィンランド”を主軸に仕事を頑張り、就職を目指して活動するバイタリティは、仕事の決め方に悩む人に勇気を与えてくれるでしょう。


ただ常に幸せというわけではない。

大好きだからといって仕事にならない、と打ちのめされたお話は、何かにチャレンジしたことがある人なら共感できるはずです。

印象的なのは、

P75 好きなことに”携わる”んじゃなくて、好きなことを”守る”強さが欲しい…

という言葉。

人間誰しも最初から満足できる道を選択できるわけではないからこそ、わからない中で自分のキャリア形成・人生設計を模索していくお話として、参考になると思いました。



今までになかった選択肢を選ぶ

巡り巡って、最終的には「寿司職人としてフィンランドで開業する!」という目標を得たchikaさん。

営業職としてのキャリアとはまったく別の道。「フィンランド」を軸にすることは譲れないポイントだったようです。

だからと言ってすぐに実現できるわけではありません。様々な準備が必要だし、本当に自分にできるのか?という心配もある。

そこで

「まず実際にフィンランドに住んでみて考えよう!」

と行動を開始したchikaさん。思い切りの良さが清々しいです。

すぐに結果が得られるわけではないけれど、動き続けていたら何かが降ってくる。それを体現しているなと思いました。



フィンランド情報満載   

お店の情報、フィンランド人の話、食べ物の話、サウナやホテル、クリスマス…フィンランドの文化を鮮やかに知ることができるのも本書の魅力。

自然の中でゆったりと過ぎていく時間が伝わってくるかのような感覚も味わえます。



感想          

何が自分の中で満足できる人生か。

その答えは簡単には見つかりません。割と若いうちからそれが見つかっている人は、両親や環境に恵まれていた子どもであろうと思います。

そうでない人のほうが多数であることを考えると、chikaさんの歩き方は非常に参考になるのではないでしょうか。


最近では、副業をする働き方、「好き」を仕事にする働き方など、働くことへの価値観が昭和・平成とはまた違っています。

自分の人生を豊かにするための選択をしたい。そのための方法を伝授してくれる人はたくさんいるけれど、結局やるかどうかは自分次第です。何歳になっても挑戦する気持ちを忘れないようにしたいと思いました。



まとめ         

  • 北欧ライフをのぞいてみよう
  • 自分のキャリアについて考えてみよう
  • 紆余曲折あるのが当たり前

紆余曲折で凹むのではなく、その流れを楽しめるような精神力を持ちたいものです。

続編もありますのでぜひそちらも読んでみてください。

コメント

このブログの人気の投稿

社会人になってから始まった読書生活

暇と退屈の倫理学